>>Go TopPage [18/08/29更新]
MIX TAPE LINE UP に戻る

               
MIX CD
    

DJ MINOYAMA
CLEAN UP 20YEARS ANNIVERSARY MIX-REMINISCENCE OF GOOD OL' DAYZ- (THROWBACK)







DJ MINOYAMAが1998年にスタートし今では横浜のクラブイベントの代名詞となったCLEAN UPが2018年6月23日、いつも通り第4土曜日にTHE BRIDGE YOKOHAMAで20周年を迎えた。

CLEAN UPの魅力は個々の個性とただただGROOVEだ。
流行に流される事なくオーディエンスに媚びる事も無い。
ジャンルも年代も国籍も関係ない。
DJもLIVEもオーディエンスもそれぞれのスタイルでGROOVE出来るか否か。
その結果が20年間の内240日間は同じクラブイベントをやっているという事実だ。

今回のMIXは20周年を記念して制作され20年間をチョコッと体感出来る一枚になった。
今回の"チョコッと"は2000年代だ。
ブラックミュージックの歴史の中でもアンダーグラウンドもオーバーグラウンドも脂っこいピチピチの時期。
従来の2000年代のMIXと違うのは圧倒的な現場感。
BIG PUNISHER、JAY-Z、METHODMANといった時代の顔と呼ぶべき曲はもちろんSQUARE ONE、PEOPLE UNDER THE STAIRS 、LEXICONといったアンダーグラウンドの雄まで収録曲は実際CLEAN UPのフロアを揺らした曲ばかりだからだ。
なんせ未だにCANIBUS / How We Rollでガチ上がるパーティーなのだ。
その"クセ"を未体験の方も楽しんで欲しい。
レギュラー陣はもちろん日本各地のゲスト出演者のシャウトもCLEAN UP、DJ MINOYAMAへの信頼を感じる。

最近20年間のうち約3%の時間をDJ MINOYAMAが費やしたのがCLEAN UP。
少し覗いてみる価値があると思う。

(MIXCD、18/08/29付)

●DJ MINOYAMA \1200+税
/ CLEAN UP 20YEARS ANNIVERSARY MIX-REMINISCENCE OF GOOD OL' DAYZ- (THROWBACK)

>>>TRACK LIST<<<

1. BIG PUNISHER / I'm Not A Player
2. CAMP LO / Black Nostaljack (aka Come On)
3. SQUARE ONE / State Of The Art
4. PITCH BLACK / It's All Real
5. ROYCE DA 5'9'' / Boom
6. BUMPY KNUCKES / A Part Of My Life
7. MYKILL MIERS feat. FREDDIE FOXXX / Wanna Be An Mc?
8. SOUND PROVIDERS / Who Am I?
9. PEOPLE UNDER THE STAIRS / Youth Explosion
10. RASCO / Take It Back Home
11. DILATED PEOPLES / Work The Angels
12. THE BEATNUTS feat. AL' TALIQ / Duck Season
13. CANIBUS / How We Roll
14. RAKIM / Guess Who's Back
15. KID CAPRI feat. NAS / Soundtrack To The Streets
16. THE FIRM / Firm Biz (Remix)
17. NICE & SMOOTH / Let It Go
18. LOST BOYZ / Ghetto Jigggy
19. DJ HONDA feat. MOS DEF / Travellin' Man (Remix)
20. MASSINFLUENCE / All Out
21. LEXICON / It's The L
22. OZOMATLI / Super Bowl Sundae
23. JURASSIC 5 / Jayou
24. BLACK EYED PEAS / Weekends
25. PHAROAHE MONCH / The Next Shit
26. METHOD MAN / Bring The Pain (Chemical Vocal)
27. LIMP BIZKIT feat. METHOD MAN / N 2 Gether Now
28. CRAZY TOWN / Butterfly
29. JAY-Z x LINKIN PARK / Numb - Encore